部屋を快適にするには|防音対策で空間が静かになる

室内

自分の部屋で演奏出来ます

室内

自分の部屋で楽器を演奏するのは、隣近所の迷惑が気になってしまうのですが、防音室なら安い費用で高い防音効果を手に入れられます。防音室はいくつかの種類が有って、演奏する楽器などに合わせて選べますので、設置を希望する場合はまずメーカーや販売店に問い合わせてみると良いでしょう。

View Detail

振動しにくい建材に交換

作業員

振動の伝わりやすい素材で住宅が作られている場合、または大きな物音を立てることが多い場合、騒音トラブルを防ぐための防音工事が必要となります。これは一般的には、壁や床などの内部に振動を伝えにくいグラスウールを詰めるという方法でおこなわれています。これにより音は響きにくくなりますし、断熱効果も出てきます。

View Detail

騒音の問題を何とかする

男の人

家のなかでドラムを演奏する際に考えなければいけないのが、騒音の問題です。そのため工事を行なう人が多いですが、その防音の工事は専門家にお願いすることが大事になってきます。ドラムは楽器のなかでも音が漏れやすい傾向があるので、しっかりと工事を行なう必要があります。

View Detail

工事をする前に

つみき

まずは相場を把握すること

マンションなどの集合住宅の場合に限らず、一戸建て住宅の場合も音漏れに対しては気を配らなければなりません。特に、ピアノや管楽器、ドラムなどの楽器を演奏する方や、音楽鑑賞やホームシアターを趣味とする方は、住宅に防音工事を施す必要性が高いと言えます。ただ、防音工事は決して安い工事ではないため、まずは、相場をしっかり把握することからスタートするべきです。確かな防音効果を期待するのであれば、相場よりも安すぎる業者は選ぶべきではありませんし、逆に、高い業者を選ぶ必要も全くありません。相場と同じくらいの料金を掲げ、工事の実績がしっかりとある業者や、長く事業を行っていて評判の良い業者を選択する工夫を行いましょう。こうすることで、悪質な業者を避けることができますし、確かな防音工事を実施してもらうことができます。

事前に決めておくべきこと

また、防音工事を行ううえで注意しておきたいところは、どの程度まで防音するのかを事前にしっかり決めておくことです。例えば、工事の目的は、音漏れを防ぐだけで良いのか、加えて外部からの音もシャットアウトしたいのか、などです。演奏する楽器がピアノなのかドラムなのかによっても、振動の問題の有無が問題となるため、工事費用に影響が出てきます。このように、どんな音漏れを防ぎたいのか、防音のレベルをどこまでするのかによって、費用が変わってくるため、しっかり決めておく必要があります。そして、決めたことを施工業者にきちんと伝えることで、見積もりを依頼することがポイントとなります。適切な業者が複数ある場合には、相見積もりを取っておくことをおすすめします。場合によっては、価格交渉に繋がることもありますし、少しでもコストを抑えることが可能となります。